« 第2ターム 〜 世界の仕組 | トップページ | 第2ターム 〜 ジェスチャー2 »

2010年1月31日 (日)

第2ターム 〜 ジェスチャー

[この期間の目立った出来事]
○全球凍結の再来について、科学的見解で起こりうる可能性が80%を超える。このことへの対策に大規模な国家予算がつき、地球規模の計画が持ち上がる。
○人工ニュートリノ完成。さらに研究開発が進む。企業ベ−スの開発から国家ベースの開発へ以降。
○ナノテクノロジーの発達によりデバイスにも新しい時代が(イラスト参考)
これまではヒトの角膜をモニターとし、各自が脳内イメージを共有できるシステムが主流でありながら、中に「やはり人間には身体性が大切」とする姿勢で独自性を誇示するシステムメーカーがちらほらある、という旧時代から(イラスト左:球体を移動したり撫でたりすることで画像捜査しています)この「身体性」に評価が高まり、指先の動きでダイレクトに(本当にモノをいじっているように直感的に)画像をブラウズするスタイルが、世に受け入れられて行きます。(イラスト右:画像を指の動きで拡大縮小しています。現代のマウスを5本の指先のツメへ埋め込まれ、新たな入出力器機のヒタイへ埋め込まれてます。ナノテクノロジーが、プチ整形することでヒトの能力を拡張する時代を作りました。)

0227_2

脳内伝達で外部出力がない時代から、再度外部出力する時代へ。最初は「技術の後退だ」と論じされる風潮がありましたが、その考えもはね除けられ、ヒトはこのスタイルを受け入れていったようです。
これに近い開発が現代でも進んでいるようです。(以下映像)この先先先代人のDNAでしょうか。

|

« 第2ターム 〜 世界の仕組 | トップページ | 第2ターム 〜 ジェスチャー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114134/33191387

この記事へのトラックバック一覧です: 第2ターム 〜 ジェスチャー:

« 第2ターム 〜 世界の仕組 | トップページ | 第2ターム 〜 ジェスチャー2 »